v【クセがすごいwww】こんな基地外な女まだ存在してたのかよwww2人の関係がエグイ……⇒ネット「こんなのされたら耐えれんわな!!」

まず、俺の簡単なスペックを。
現在21歳男
絵を描くことが大好きヲタメン。今は日常が熱い。

学生しつつ単発でイラストの仕事とかちょいちょいもらってる、駆け出しの絵描き。

通ってるのはフツーの一般私大。

初スレ立てでちゃんとできてるか凄い不安だけど
絵だけじゃなくて、今夢中になれてることがあるって人には是非聞いて欲しいな

とりあえず書きためてある分を書かせてもらいます

まず、話は高校時代までさかのぼる。

高校の時の自分は本当に平凡な学生で、よくも悪くも楽しく過ごしてた。

田舎の高校で田舎の高校生がフツーに学校に通ってる感じ。

部活のバレーボールが大好きで、ひたすらそれに打ち込んでた。

この時はまだ絵を描いていなかったよ

絵を描き始めるまでのエピソードがちょっと長いけど、すまん

高2の冬だったか、近所の高校で仲の良い女友達ができた。

誰に似てるかって言われると難しいけど、モデルの田中美保…
に雰囲気似てたかもしれない。あくまでも雰囲気だけねw

そこまで可愛くはないよ

当時通ってる塾が一緒だったから、自分が部活休みだったり早く終わった日には
一緒に帰って塾の自習室に行ってたんだ

そのときの俺は童貞だしウブだったけど、彼女はサッパリした性格で一緒にいてすごく落ち着いた

でも好意はなかったと思う。

あくまで俺は友達って感覚でいた。男女関係って意識が薄かったんだと思う。

ある日いつものように一緒に塾に向かってる時に言われた

美保「ねえねえ、今日ウチ来なよ」

俺「え、いいよ。家行くって…おかしくね?」

俺は怪しいと思った。あくまでそういう関係と思っていなかったし、当然断った。

美保「今日親いないんだよ~近くだし、別に深い意味はないしさw勉強教えて欲しいし」

絶対行っちゃいけない気がした

別に本当に何もないと思う。でもここで行ったら関係が変わる気がした。

ちなみに俺は高校まで電車通いだったから、この時俺の家に行くって選択肢は自然と出てこないんだよね。

「いや、行かないよ…」

美保「別にいいじゃんwあ、変なこと考えてる?いやいやないないw部屋の模様替えしたし見て欲しいだけw」

俺「まあちょっとだけ寄ってすぐ塾行くよ…」

俺は本当にちょろっと寄ってすぐ塾に行くつもりでいた。

でもこの判断が本当に間違いだった。この時のこの選択で、大袈裟かもしれないけど人生の道が少し変わってしまった

家には本当に誰もいなかった。平日18時すぎ…もうちょい遅かったかな。

家は真っ暗でガランとしていた。

なんか嫌な予感はしていた。

彼女は急に無口になって俺を部屋に誘導した。

 

女の子の家に上がるのは初めてのことではなかったけど、いやに緊張したのを今でも覚えてる。

部屋に入ると彼女の目付きが変わっていた。

彼女はずっと黙っていた。

すると急に押し倒された、どエライ勢いで。

「な、何…?」

急に怖くなった。

美保「なんで…そんなんなのよ…」

「え…?」

美保「いつも一緒にいるのに、どうして私をみないの?」

的なことを言ってた気がする。よく覚えていないんだが。

そのあと、彼女はすごい形相で俺の服をひき剥がした。

信じられない力に形相、抗うんだけどもう滅茶苦茶だった。

そして目の前で俺のケータイを真っ二つに折った。

 
美保が急に野獣化する