v【胸糞1000%!!】高学歴&親が大金持ちの“ペリカンミートボール女の行動でド肝抜く超展開に・・・⇦その結果がこちら

当時、私は精密機械を設計・製造する会社で営業事務をしていた。

 

会社は大きくなく社員数も少なかったが、

 

一応、設計部とか営業部とかに分かれてた。

 

製造する工場だけが別の場所にあったけど、

 

一つの部屋で机の島だけが分かれていて設計部も営業部も皆仲が良く

 

ワンマンな社長がちょっと苦手だったけど楽しい会社だった。

 

設計部は男性3人、女性1人と4人の設計士さんがいた。

 

営業部は男性3人、営業事務が私を含め2人。

 

あとは経理や総務をしてくれるベテラン事務員さんが1人。

 

ストレスのスの字も感じない職場だった。

 

が、その楽しい日々が一人の女のせいでメチャクチャになった。

 

 まずはメチャクチャ女スペック

 

当時35歳 社長の知り合いの娘。

 

見た目は山田邦子とかアントニオ猪木とかそんな感じ。

 

顎が特徴。しかもちょっとデブ。

 

『アントン』と呼ばせてもらいます。

 

 ベテランさんスペック

 

当時35歳 見た目は小林聡美。

 

面白くて頭が良くて、誰からも好かれてた。

 
 

 重要人物じゃないけど、私スペック

 

当時 24歳

 

周りからは井上晴美を小さくした感じって言われてた。

 

アントンは最初の登場からして凄かった。

 

営業事務は私ともう一人ユリさんって人とでやってたんだけど

 

ユリさんが結婚して退職する事になってた。

 

ちなみにユリさんは私より一つ年上の25歳。蛯原友里似の美人さん。

 

ユリさんの後釜として来たのが、アントンだった。

 

その日の業務が始まる前に、社長から皆に紹介された。

 

社「今日からここで頑張ってもらうアントンさん」

 

 「営業部に入ってもらう。宜しくな」

 

皆「よろしくお願いします」

 

ア「私、設計がしたいです」

 

社「え?」

 

ア「設計部がいいです」

 

社「いやいやいやいや・・・う~ん・・・じゃ、設計部・・・にしようか」

 

ア「今日から設計部に入りますアントンです。父は会社経営してます」

 

 「昔はここの社長の面倒みてました。宜しくお願いしまっす!ハイ!以上!」

 

社「(苦笑い)」

 

皆「・・・宜しくお願いします・・・」

 

みたいな感じだった。

 

皆「???」って感じだったけど

 

仕事が出来る人なら問題ないとアントンのおかしな発言はスルーしていた。

 

業務開始直後、とんでもない事が発覚した。

 

自分から設計がしたいと設計部を希望しといて、CADが使えない。

 

もちろん、設計なんか今までやった事もない。専門知識もない。

 

でもアントンは「教えてもらったらすぐ出来る。覚えるのは早い方やから」て自信満々。

 

社長が見て見ぬ振りしてた。

 

ユリさんが「社長の知り合いの娘って・・・何の知り合いなんだろうね」って言ってた。

 

私は本能的にアントンとは関っちゃいけないと思った。

 

もちろん設計出来るわけもなく雑用する事になったらしい。

 

アントンは、設計さんにコピーを頼まれた。

 

が、何故かアントンは不機嫌。

 

どうもコピーをとるという業務が気に食わなかったらしい。

 

設計さんから受け取った書類を、私の所へ持ってきた。

 

「これ、コピーしてきて」と。

 

私は営業部。アントンは設計部。

 

ちょうど私は、急ぎの見積書を作っていた最中だったし一瞬「ん?」と思ったけど

 

コピーの使い方が解らないんだろうと思い、私はアントンをコピーの所まで連れて行き

 
 

「このままセットして、ボタン押すだけです」と説明しながらやっていた。

 

が、アントンは自分の席に戻っていた。

 

もう、イライラのフラグ立ったんですがww