【※女同士の修羅場】ヤンキーカップルに絡まれ大学生活がめちゃくちゃに……私はこの二人の人生を終了させるために〇〇を・・・

大学の入学式。隣に座ったのはDQN

 

19 大学生

DQN 19 大学生

DQN 20 大学生

三人とも同じ学部の2年生

出会いは大学の入学式。

入学式の席順は決まっておらず、来た人から詰めて座る形だったんだけど
その時たまたま私の隣に座っていたのがDQNだった。

通っていた高校から、この大学に進学したのは自分一人だった。

知り合いが一人もいない環境。

もともと自分から話しかけれるようなタイプではないので
入学式が始まるまでの間は一人静かに待っていた。

そこにDQN(以下A)が話しかけてきた。
A「ってかこの中暑くない!?ちょー喉乾いたんだけど~」

てっきりもう一方の隣に話しかけてるんだと思って無視してたら

A「えwww無視ですかwきついわーwwwwww」
って言うんで、私に話しかけたんだと分かった。

驚いた半面、よっしゃwww早速友達できるwwww便所飯回避wwwww
と安心した。

私「ごめんw私に話しかけたんじゃないと思って」と言いながらAの方を向いた。

そこには同伴前のねーちゃんがいた。

ストライプ柄のスーツに網タイツでまさにキャバ嬢だった。

おまけに香水臭い。なんか便所の芳香剤みたいな匂いがする。

正直うわ~とか思いながらも、見た目で判断するもんじゃないと
自分に言い聞かせ、必死に普通の態度をしていた。

ちょっと割愛させていただくが、まぁそんなこんなで
入学式が始まるまでいろんな話をした。

って言ってもAが一方的に喋るばっかだったけどな。

うんうんと聞いていくうちに彼氏の話になった。

A「そういやあさ~、彼氏がね~」

・彼氏とは高校2年からの付き合い

・彼氏も同じ学科にいる

・でもまだ来ていない

・彼氏かっこいいから浮気されそうで不安

・ってかうちらが大学行くとか天才じゃね?

・昨日2回エッチした

要約するとこんな感じ。

マシンガントークってこういうことを言うんだな
ってくらい、Aは本当によくしゃべる。

職業病のせいなのか、なぜかちゃんと話の道筋が立ってて分かりやすい。

話す内容はともかく、話し方が聞き手が吸い込まれるように聞いてしまう。

もしかして、本当にこいつ天才なんじゃね?

A「で、あんたは彼氏いるの?」

私「私?一応いr「来たーっ!!!」

急に立ち上がるA。DQN(以下k)登場。

Aはちょっとどいてと言わんばかりに、他の新入生を押しのけ
kの元へかける。そしてハグ、そしてチュー。

私含め周囲も唖然。公の場でまさかキスをするとは思わなかった。

話を遮られたことも忘れ、ただひたすらチュッチュする二人を見ていた。

kはホストもどきの格好で想像通り。片桐はいりみたいな顔だった。

二人がこっちに向かってくる。Aとは仲良く(?)なったことだし
kにも挨拶はしとこうかと思った。

私「あ、こんにt「席どけてもらえない?」

またも遮られた。っつーか席どけてとはどゆこと?

A「彼氏来たからさー、席代わってよ。そこkが座るから。」

半ば強引に席を取られた。仕方なく一番後ろの席に移動したが、
移動中周囲の視線が痛い。あの子どけられてるーみたいな視線が痛い。

哀れみというかそんな目で皆見てくるから、めちゃくちゃ恥ずかしかった。

友達ができたことで、さっきまであんなに喜々としていた気持は今どこへやら。

別にAとkは悪くはないんだけど、私とはちょっと違うなーと思って
これからは極力関わらないことにした。

これでまた友達0か。周囲にもあんな目を向けられて、
絶対自分浮いてるし、当分便所飯だろうと覚悟した。

式が終わって、次にオリエンテーションをするので教室へ向かった。

今度は指定席になってたんで、自分の番号が書いてある席に着いた。

さっきも言ったように、自分から話しかけれるタイプではない。

だが、今の状況じゃ自分に話しかけてくる子はいないだろう。

話しかけるか便所飯を選ぶか、答えを出すのは難しくなかった。

よし、席の前か後ろの子に声をかけてみよう。

やっぱり最初は挨拶からだろうか?

それともAのように今日暑いねーとかにしようか・・・

めちゃくちゃ悩んだ。

友達作るってこんなに緊張するんだな。

今までは大抵人任せで、自分から行動することがほとんどなかったんだ。

これからは自分から何事も起こさなきゃって思った。

どんな子が自分の前に、後ろに来るんだろう。

 

不安と緊張が混ざっておかしくなりそうだった。

頑張れ自分!心のなかで言い聞かせた。

そしてついに

や つ ら に は さ ま れ た

嘘だろ・・・?

気づいたら前にk、後ろにAが座っていた。

なんで? ねぇなんでっ!!!????

A「あー!また会った!ってか席代わってくれない?」
すまん、寝てた。

一人でも見てくれてたら嬉しす。ttk

私「い、一応指定席だkら・・・ね」

A「いやいやいやwww関係ないっしょ。」

ちょっとここでイラってきた。

勝手なこと言うんじゃねぇ、ファッキンビッチ

私「でも皆友達同士で座りたいの我慢してるんだよ。」

怒りをおさえつつ、相手を怒らせないように自分なりに言葉を選んだつもりだった。

ある日の事だった。。。