【人間性を疑う】出会った女性の体に○○が!この子を救おうと思ったが、この優しさがアダになるとは……

土砂降りの帰り道

大学の帰り道

時間は22:30

男「うわ~・・・ゲリラ豪雨ってやつだな・・・」

土砂降りの雨の中コンビニで買ったビニール傘をさしながら帰路についていた

ブロロロロロ・・・

バシャッ!!

車が水たまりの水を俺に引っ掛けて去って行く

男「ちっ・・・!まぁ、この天候じゃしょうがないか・・・」

すれ違う通行人もみんな早足でお互い無関心だ

その中で水を盛大にかぶった俺だけ堂々と雨の中を歩いていた

男「もう雨なんざ関係ないな・・・」

ザー・・・

前から自分と同じように傘もささずに歩いている猛者がいた

男「やるなぁ・・・まだ小さい女の子なのに」

とぼとぼと今にも転びそうな足取りで雨の中を歩いている

すれ違ったサラリーマンに肩がぶつかって女の子が倒れた

サラリーマン「・・・・・」

サラリーマンは何事も無かったように歩き去った

男「ひっでぇ・・・」

なんだか同志がやられたような気がして俺は駆け寄った

男「大丈夫か?」

女の子「・・・・・」

ザー・・・・

何か言ったのか雨音で聞き取れない

ただ・・・女の子の顔はこの世の全てに絶望したようにやつれていた

男「おい・・・!大丈夫かよ!?」

ザー・・・

雨音に負けないくらい大きな声で話しかける

男(泣いてる・・・?)

雨水なのか涙なのかわからないが女の子は泣いてる・・・気がした

男「家は・・・!?なんで傘もささないんだよ!?」

傘をさしていないのは自分もだが

女の子「・・・・ない」

男「なんだって!?」

よく聞き取れなかった

女の子「帰るとこ・・・ない・・・」

今度はしっかりそう聞こえた

・・・・・・

男のアパート

男「ひどい雨だったな・・・」

何とか家にたどり着いた

女の子「・・・・」

男(連れてきちゃったよ・・・)

あのまま無視も出来なかったのでとりあえず雨が止むまでということで家に連れてきた

男「とりあえずあったまんねぇと・・・!」

急いでレトロなストーブに火をいれ風呂を沸かす

男「ほらよ、ちゃんと拭いときな」

ファサ・・・

タオルを渡すとゆっくりと髪を拭き始めた

女の子は小学生・・・もしかしたら中学生かもしれないくらいだ

男「ほら、お前もあたれよ。あったかいぞ」

ストーブの前に座らせると女の子は素直に火にあたった

男「とりあえずこの雨が止むまでな・・・なんっも変な気とかないからな!」

自分に言い聞かせるように宣言する

状態を見れば十分にアウトだ

男「そろそろ風呂いいかな・・・?」

女の子はびしょ濡れの服を一生懸命さっき渡したタオルで拭いていた

男「おいおい、そんなんじゃダメだって・・・したの階に乾燥機持ってる先輩がいるから乾かしてもらってくるよ」

言ったあとに自分がとんでもないことを口走ったことに気がついた

男「別に・・・変な気とかないし・・・!雨が止むまでだし・・・!」

すると、女の子はその場で服を脱ぎ始めた

男の俺が見ているのに全く抵抗がないようだ

男「バカバカバカ!!!せめて脱衣所いけ!!」

脱衣所に女の子を押し込むと深呼吸をして落ち着く

 

男「なんだあの子は・・・?」

バタン・・・

風呂場に入ったおとが聞こえたので脱衣所にある女の子の服をかごに入れて

男「じゃ・・・服乾かしてくるからな」

一応ことわっておく

無断で持ち出したらただの変態だから

ふと服をみると所々に赤黒い染みがある

男(・・・血?)

・・・・・・

先輩に乾燥機を借りると伝えると自分と女の子の服を先輩に見られないように乾燥機に放り込む

先輩「おう、男!ちと呑んでけや!」

男「いや・・・今日はいいす・・・」

先輩「んん?お前また新しいの借りてきたな!?」

男「何がですか?」

先輩「お・と・な・・・のDVDだ!」

男「あとで洗濯回収にきまーす」

この先輩は結構いい人なのだが無駄に寂しがり屋なのだ

家に帰ると……