【息子絶頂www】超タイプの美人女子を家に連れ込んだが、〇〇をチラつかされて人生終わったwww

道で転んだことで知り合った女の子

後にも先にも初めての霊体験だろう
スペック(当時)

小学5年生
よくいるうんこだのち○こだのよく叫ぶ普通の小学生
中1
性別女
結構可愛かった
名前は霊子(仮)

俺と霊子の出会いは夏だった
あと1ヶ月で夏休み。

俺の家は仲が良い友達の家から結構離れていて、学校が終わってから遊びに行けるのは学校が早く終わる水曜日か土日だけだった。

その日はいつも通り通学路の途中で別れて一人になった。
その道はあまり人が通らず、親からは人通りの多い道を通って帰れと言われていたがこの道の方が近道だった。
早く帰ってゲームをやるために走って帰っていた。
しかし焦り過ぎて転けてしまい、膝を擦りむいてしまった。
そんな時に前から霊子が現れて手を差し伸べてくれた。

霊子「大丈夫?」

すごくタイプな美人だった。
髪は長くて目は大きくて二重
手を握ったら暖かかった。

俺「ちょっと痛いけど大丈夫です」

霊子「バイ菌入ると危ないから消毒した方がいいよ。公園行こう!」

霊子について行って近くの公園に着いた。
霊子は鞄から消毒液と絆創膏を出した。
水で傷口を洗って消毒液塗って、絆創膏を貼ってくれた。

霊子「これでもう大丈夫だね」

俺「ありがとうございます」

霊子「いやいや それより飴食べる?」

知らない人からお菓子を貰ってはいけないのを思い出したがもう知ってるしいいだろと飴を貰った。

俺「甘い」

霊子「じゃあそろそろ行くね。バイバイ!」

俺「ありがとうございました!」

霊子は手を振りながら去って行った。これが最初の出会いだった

家に帰ると霊子のことは忘れてすぐにゲームを初めた。
俺の家庭は母子家庭で俺と姉と母の3人で暮らしていた。