【ゲテモノヒーロー】「好きなんです!あなたの事が!」 女装して電車に乗った俺→痴漢被害にあっている女の子を助けたら・・・まさかの展開に!?

俺は女装が趣味の変態

立ったら書く

お、立ったね

書き溜めてないからゆっくりいかせてください
最初に言っておくけど俺は女装して外を歩き回る変態です

俺は小さい頃から「可愛い」とか「女の子みたい」とか言われてちやほやされてたもんだから
女の子になりたいとずっと思ってた

小学の時は親に隠れて口紅塗ったりとか
中学では小遣いで安い服買ったり
しかし、高校一年の時に父親のDVが原因で親が離婚、母側に俺はついていった

母は俺の為に仕事を遅くまでしていた
そこで1人になる時間が増えたもんだから
バイトの金でカツラを買って誰にもばれない様に女装して外に出てみたりだの色んな事に挑戦していた
そんで、高校三年生の時の話である

 

スペック


男、変態
人から綺麗な顔立ちとは言われる
身長は180

彼女

色白で可愛い
身長は160くらい

俺はいつもの様に女装をして服でも見に行こうと思って電車に乗っていた
人は多くとても座れない状態でつり革を握ってドアの端に立っていた

近くに見たことのある制服の女の子が立っていた
俺の学校から近い女子校で、この子も座れなかったのかw…と思ってると彼女は何かに怯えているかのようだった

不意に彼女の下半身を見るとバックがお尻にあたって、離れて、あたって、離れてとどう見ても意図的にやっているとしか見えない動きをしていた

 

俺は痴漢だとすぐに分かった
と同時に彼女が怯えているのを見ると親のDVを思い出して
痴漢野郎に怒りが込み上げで来た

俺は彼女の手を握り自分の元に引っ張って彼女をドアに貼り付け
自分で覆い隠した

彼女は私を見ると安心した様子で
「ありがとうございます…」と一言だけ言った

俺は返事をしたかったが女装してる間は絶対に誰とも喋らないという自分の中の決まりがある
なので、首を一回だけ縦に動かした

 
降りる駅がたまたま一緒で

痴漢野郎をとっちめようと思ったが
俺は話せないし彼女は怯えて無理だろうし
痴漢野郎はこの駅で降りないし
まぁいいかと思ったw

降りて、改札口に向かう人達の中で
俺たちはただ立ち尽くしていた
人がいなくなると
彼女が
「あの本当に助かりました!」
と言って来た
俺はいえいえと首を横に振った