【人生最大の選択ミスw】友人「なぁ!高2の夏って最初で最後だよな。。」突然、真剣になって○○し出した友人の末路がヤバイww

最高の夏休みにしたい高校2年の夏

7月の半ば。
梅雨も明け、強さを増した日差しが容赦なく照りつける。
高校から駅までの道は日陰もなく、アスファルトからの照り返しもあって、実際以上に暑く感じる。
だからだろうか

友「夏だーっ!」

コイツのように叫び出すようなやつも現れる。

男「……」

友「夏だーっ!」

男「……聞こえてるから」

友「夏休みだーっ!」

男「そうだな」

友「お前なんか予定ある?」

男「……じゅ、塾」

友「後は?」

男「……」

友「……無いよな」

男「急にテンション下げんなよ……」

友「遊びいこうぜ!海いこう、海!」

男「お前去年同じこと言って結局近所の用水路でザリガニ釣ってたじゃねーか」

友「うるせぇ!別に海の代わりに行ったわけじゃねーわ!」

友「弟の自由研究の手伝いだよ!」

男「あーあーはいはい」

友「でもさ、今年遊ばなかったらもうチャンス無いぜ」

男「あー」

友「もう高二じゃん?高三になったらもう受験勉強じゃん?今年ラストじゃん?実質」

 

男「あー」

友「……」

男「なに自分で言って自分でテンション下げてんだよ……」

友「さみしい」

男「いや、おい」

友「さみしい」

男「いや、わかったから」

友「さみしい」

男「わかったから!」

男「二人で遊ぼう!な?」

友「女の子もいないとやだ」

男「グっ、善処する」

友「……」

友「フフッ、言質は取ったぞ!」

友「夏休みのお前の予定かくてーい!俺優先俺中心のなっつやっすみー!」

友「お前の貴重な青春の1ページ俺の色ー!」